キレイモ

 

脱毛施術前の自己処理の注意点とは?

脱毛施術前の自己処理の注意点とは?

 

脱毛サロンで施術を受ける前には、多くの場合でセルフである程度のムダ毛を処理しておく必要があります。

 

今回は、施術前の自己処理の注意点について、お話していきたいと思います。

 

 

  • 剃り残しはNG

 

脱毛サロンのなかには、剃り残しがあるとその部分を避けての照射となることがあります。

 

さらには、あまりに剃り残しが多い場合は、施術ができないこともありますので、剃り残しには注意しましょう。

 

なお、背中など手の届かない部分に関しては、自己処理をしなくて良い脱毛サロンが多いです。

 

 

  • 肌荒れに気をつけて

 

お肌が荒れていたり過度に乾燥している場合には、施術ができない可能性があります。

 

お肌のトラブルや自己処理による傷などには、十分に注意が必要です。

 

肌荒れや傷を防止するためには、カミソリではなくシェーバーで自己処理をすることをおすすめします。

 

 

  • 毛抜きはNG

 

脱毛の効果は、「毛の黒い部分に反応する特殊な光」を用いて得ることができます。

 

そのため、毛抜きで毛根ごと引っこ抜いてしまうと、せっかくの効果が得られなくなってしまいます。

 

また、埋没毛の原因となってしまうこともあるので、毛抜きでの処理はNGです。

 

 

  • VIOの処理には最大限の注意を

 

VIOは、多くの場合で脱毛サロンから配布されるテンプレートをあてながら処理をしていきます。

 

なので、かたちを整えるのは簡単なのですが、他の部位と同様の感覚ではいけません。

 

とてもデリケートで肌荒れが発生しやすい部位ですので、最大限の注意を払いながら処理を行いましょう。

 

 

このようなことが注意点として挙げられます。

 

特に重要なのが、「剃り残し」と「肌荒れ」です。

 

これらは施術の可否にも影響するので、十分に注意が必要です。

 

 

あまり難しいことはありませんが、普段のお手入れよりやさしくお肌に気を使いながら行いましょう。

 

加えて、乾燥を防ぐためにも、自己処理後にはしっかり保湿を行ってくださいね。